• お問合せ
  • 採用情報
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
想いのかたち もっと愛される饅頭を作りたい
ひよ子の生い立ち
まもり継ぐかたち
ひよ子本舗吉野堂物語

 
 
 
 
 
 
 
 
ひよ子本舗吉野堂物語
 
第一回 名菓ひよ子誕生秘話
 
甘いものが好まれた、ひよ子のふるさと飯塚。
「ひよ子」のふるさとは、筑豊飯塚。飯塚は昔からお菓子づくりが盛んに行われてきました。それは鎖国時代に長崎の出島に輸入された砂糖が小倉まで運ばれる長崎街道(シュガーロード)に沿って、お菓子づくりの文化が育まれてきたからです。また筑豊といえば、明治初期から炭坑で栄えたところ。肉体労働が続く炭坑で働く人たちの、エネルギーとなる甘いものが好まれたことも、お菓子づくりを支える結果となったのでしょう。
 
もっと愛される饅頭を作りたい。二代目の夢がひよ子になりました。
 
時は大正元年、飯塚市で明治より続く菓子屋を営んでいた二代目店主・石坂茂は、カフェを営むほどチャレンジ精神が旺盛でした。菓子作りでも従来の丸い形ではない、もっと愛される饅頭をといつも考えていました。そんなとき、夢の中に現れたひよこ。 その愛らしさにやっと探していたものと巡り合えたと感じた二代目は、その形づくりに没頭します。当時、丸や四角しかなかったお菓子の世界で、立体的な、しかもひよこの形をしたお菓子は誰もが想像すらしなかったもの。試行錯誤の末、大正元年の冬、独特の木型とともに、愛らしい形の饅頭「ひよ子」はやっと誕生しました。
 
人気はどんどん広まり、ついには映画にも登場しました。
「ひよ子」は、その温もりのある可愛い姿で発売当時より街の評判に。炭坑で働く人たちに愛されたのはもちろん、その愛嬌ある形や名前、おいしさで中央への商取引の手土産などにも活用され、評判は大きく広がっていきました。その人気は東宝キネマ「弥次喜多道中」にも登場して話題になったほど。ひよ子本舗吉野堂には、当時ロケに訪れた役者さんたちとの記念写真が今も残っています。その人気にもっともっと応えるために、ひよ子はさらなる試練に挑戦します。

------ それではまた次号で。
 
 
Copyright (C) 2011 HIYOKO.co.,ltd. All Rights Reserved.