ひよ子本舗吉野堂
100周年記念事業展開TOP
100年の愛を、時き芽きに。

大正元年(1912年)誕生の名菓ひよ子は、創生100年

100年の感謝をこめて、そしてこれからの100年へ向けて。記念事業展開中。

名菓ひよ子 創生100年記念菓
「栗ひよ子」発売




愛らしい姿はそのままに、こだわりの素材で作り出した、季節限定「栗ひよ子」。
栗餡は熊本県産「和栗」にこだわり、熟練の職人が手間ひまかけて、味わい深くまろやかに炊き上げ、和三盆糖を加えることで上品な甘みと口溶けに仕上げました。

ひよ子の生地は九州産の小麦粉を使い、栗餡との相性を考え、香ばしさとコクのある独自の風味に焼き上げました。

この季節にしか味わえない、どこか懐かしい味覚をどうぞお楽しみください。
「栗ひよ子」は、季節限定、福岡限定のお菓子です。

熊本県は栗の収穫高で全国2位を誇るなど、良質な栗が採れることで知られています。
お菓子との相性も良く、良質な素材を求める和菓子や洋菓子店でも人気です。
ひよ子では、熊本産の「和栗」にこだわり、自社工場で職人が手間ひまかけて味わい深く、まろやかな栗餡に炊き上げました。
秋の味覚を代表する「栗」。
栗は万葉集などで詠われるなど、古くから日本の文化に深く関わってきました。
日本人がいにしえより愛した季節の味覚を、どうぞご賞味ください。





名菓ひよ子創生100年を記念し、
オリジナルストラップを
お付けした、「栗ひよ子」11個入を発売!


栗ひよ子のイメージに合わせて、白いドットの入ったオレンジのハートチャームとゴールドの名菓ひよ子チャーム。

100周年を記念した限定プレミアムのため、「栗ひよ子(11個入)」のみにお付けしております。
(ストラップだけの販売はしておりません。)



万葉歌人山上憶良が筑前国守として大宰府赴任時代に子供を思い、この歌を詠みました。
そんなあたたかな思いを「名菓ひよ子」に込めて、「栗ひよ子」は誕生しました。

「瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ
何処より 来りしものそ 眼交に もとな懸かりて 
安眠し寝さぬ」

山上憶良(やまのうえのおくら)
万葉の歌人として知られる、山上憶良(やまのうえのおくら 660~733年)。その歌とともに伝えられていることに、現在一般に言われている「秋の七草」は、山上憶良が歌に詠んでから、日本の秋を代表する草花として親しまれるようになったとされています。

栗ひよ子
※11月上旬に店頭販売の終了を予定しております。



栗ひよ子11個入 1,575円
創生100年愛ストラップ付


栗ひよ子7個入 1,050円
※ストラップは入っておりません


※栗ひよ子3個入袋 420円(税込)、3個入箱 473円(税込)もございます。




ひよ子本舗吉野堂    株式会社 東京ひよ子

Copyright © HIYOKO.co.,ltd. All Rights Reserved.

このページのトップへ